T-Akiyama-s BLOG-Privates

アクセスカウンタ

zoom RSS 扇風機>エッジの掃除をしよう!

<<   作成日時 : 2016/07/27 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回は扇風機の羽根の掃除は週に一二回以上はしようねという話だ。

 わかっている人には、そんなの言われるまでもない、当然だ、ということになるだろうし、わからない人にはまったくピンと来ないかもしれない。

■扇風機には羽根がある
当たり前だ。羽根を回して風を前に送っているのが見えている。
いや、いまじゃあ「羽根がない」のが売り物の新しい扇風機もある。が、それだって隠れているだけで羽根はどこかに必ずあるんだ。見慣れたあの形じゃないかもしれないけど、ね。

■羽根はエッジが重要だ
いわゆる”普通の”扇風機の話をしよう。
何枚羽根かはいろいろあるけど、くるくる回っている羽根には”空手チョップ”(笑)のように最初に空気に当たる部分がある。そこを一応ここではエッジと呼ぶことにする。
いま、もし扇風機を使っているなら、その音を聞いてみて! どう? 普通? だよね(^^
それとも「ぶんぶん」けっこううるさいぞ、と思った人もいるかもしれない。
そうしたら、扇風機を止めて、ファンガードを外そう。
外したらティッシュを一枚手にして、そっと、ファンのエッジをぬぐってみよう。どう? 何も汚れてないと思ったとしても、ちょっとは、ホコリがついてるもんでしょ?
そのホコリが、実は扇風機の効率を落としてしまっているんだ。扇風機の風を弱くして、無駄な電力を消費させているんだ。
ガードをつけたら回してみて! 静かでしょ。風も増えたでしょ。ね(^^

■日本家屋/日本の家庭では”綿ぼこり”が多い
聞いた話では欧米ではホコリと言えばほとんど砂埃らしい。あと、ペットと自分の毛くらい(^^
コットン多めの服を着て綿の布団で寝起きしていて、湿気も高い日本では、綿ぼこりが多い。それが扇風機の”空手チョップ”したところにこびりついてしまうんだね。
だから、週に少なくとも1回か2回は、扇風機の羽根のエッジの所だけでもいいから掃除してホコリを取ってあげると音も静かになるし風量も増すんだ。

■シロッコファンは掃除が面倒
いわゆるふつうの扇風機の羽根…船のスクリューや飛行機のプロペラみたいな羽根じゃなくて、ガスレンジの上の換気扇とかによくあるみたいな、円筒形のカゴみたいなのを回すタイプのファンもあって「シロッコファン」と呼ぶ。…べ、べつに木星帰りの人が好きっていみじゃない(^^
こいつは掃除が面倒だ。大掃除でレンジフードをやっつけたことがある人は判ると思う(^^;

私はいわゆる普通の扇風機の外に無印良品の「デスクファン」というもの使っていて、これがシロッコファンタイプなんだ。この製品は、横の、空気取り入れ口の部分がツメ3か所を押すと外れるようになっている(マイナスドライバーなどで順に押し込んでいくと取れる)。
その部分を外すと、カゴのようなプラスチック製のシロッコファンが見える。
カゴみたいな形を構成している棒…みたいにみえる細長い羽根にはびっしりとホコリがついているから、それをまず掃除機の細いノズルかブラシ付きの先端を使って大まかに掃除する。
そして、綿棒を使ってたくさんの羽根のひとつひとつをきれいにしていく。
めんどくさいよねー、やんなるよねー。でも換気扇みたいに油でべとべとじゃないからうんと楽といえば、楽(きやすめ)

■おそうじしましょ
風量が減ったとかうるさくなったとか思わなくても、エッジのところだけティッシュでちょっと拭くだけでいいから、ときどき…できるだけしょっちゅう、おそうじしましょ(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
扇風機>エッジの掃除をしよう! T-Akiyama-s BLOG-Privates/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる