T-Akiyama-s BLOG-Privates

アクセスカウンタ

zoom RSS QとGMとで迷う人へ / 〜PENTAX Q物語〜その35

<<   作成日時 : 2014/11/28 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ずっと以前に「PanasonicのGMが気になる」というような意味のことをここで書いた。ちょっとした紹介程度の記事だったのだがそのせいで、GMで検索してここを見に来てくれる人もいるようでちょっと申し訳ない気がしていた。
…だから、というわけでもないが私はもう一度GMが気になってきた(笑)
「Q」シリーズと「GM」シリーズはどこがどう違うのか?
もし今から買うなら「Q」と「GM」のどっちが良いのか?
…なんてことをテーマに、少し考えてみることにしたい。
ただし「GM」は店頭でちょっと触ったことがあるだけで(GM5は発売前なので見てもない)、本当の使い勝手や使い心地、画質などについては全く知らないのだが…(^^;

■比較:サイズと重さ
<本体(Batt.込)質量g、幅x高x厚mm>
Q=200g 98x57.5x31mm
Q10=200g 102x58x33.5mm
Q7=200g 102x58x33.5mm
Q-S1=203g 105x58x34mm
GM1=204g 98.5x54.9x30.4mm
GM1S=204g 98.5x54.9x30.4mm
GM5=211g 98.5x59.5x36.1mm

こういうとミもフタもないが(笑)、大きさ重さはどれもたいして変わらない。
実際、持ちやすさ・グリップの面でも店頭で少し触ってみた範囲では私には大差ないように感じられた。
ということは、「気に入るか」「惚れ込めるか」に尽きるってことだな(らんぼう)。


■比較:撮像素子と画素数
<撮像素子・サイズ(インチ)、画素数、液晶>
Q=原色フィルターCMOS・1/2.3" 1240万 3" 46万
Q10=同CMOS・1/2.3" 1240万 3" 46万
Q7=同CMOS・1/1.7" 1240万 3" 46万
Q-S1=同CMOS・1/1.7" 1240万 3" 46万
GM1=同Live MOS・4/3" 1600万 3" 104万 タッチ
GM1S=同Live MOS・4/3" 1600万 3" 104万 タッチ
GM5=同Live MOS・4/3" 1600万 3" 92万 タッチ

撮像素子のサイズについては、マイクロフォーサーズの「GM」がダントツ優勢だ。
面積比で言うと…(当該製品ではなく一般資料による)
 4/3"が17.3×13.0=224.9平方ミリ(100とすると)
 1/1.7"が8.8×6.6=58.1平方ミリ(25.8)
 1/2.3"が6.2×4.6=28.5平方ミリ(12.7)
である。Q7ですらGMの1/4くらいの面積しかない。撮像素子の面積と画質の基本的な関係についてはいろんなところで説明があるから改めて書かないが、画質についてふたことで言うと「ものすご〜く違う!」し「大サイズで見るんじゃなきゃ、あんまし気にしなくていい」という相反する二つの答えになる。
画質とは別の観点…写り具合や使い勝手で言えば、小さい素子だと背景が「ボケ」にくいと言える。しかしそれはレンズや設定や工夫である程度なんとかなる範囲だとも思う。

■比較:両シリーズは似ている
「Q」「GM」両シリーズとも、次のモデルごとに素子・画素数を大きく増していくカタログ競争・スペック競争から無縁の存在となっているのがやや愉快だ。ニューモデルはシリーズの全くの革新ではなく、小改良版であって、コンセプトは守られている。
両シリーズともそれぞれ型は変れど同一共通のバッテリのままでいるのも興味深く、買替・買い増しするユーザーには便利でありがたいことでもある。
そうした中で少し違うのが「GM5」で、ファインダー(EVF)が搭載されたのはより本格的な"一眼"カメラ寄りの立ち位置を示したものであるように受け取れる。

■比較:機能
それぞれに多彩な機能を搭載しているのでいちいち書ききれないし、そもそもいろいろありすぎてよくわかんない(^^;
カタログや製品サイトをよく読んで、自分に必要な・欲しい機能はどれか・それがあるかないか・どの程度か…などをよく比較検討することをお勧めするに留める。

…とはいえ、私にとってとても大事な機能についてだけは書いておこう。
それは内蔵フラッシュ同調速度だ。
通常殆どのカメラでは1/200秒程度の速さのシャッタースピードまで同調する(遅いシャッタースピードの時だけで晴天下みたいに速いときには使えない)のだが、「Q」シリーズは1/2000秒まで対応してくれる。
これがどういう風に役立つかというと、代表的なものは「日中シンクロ」だ。

この中で一機種のみ重要な機能の違いがある。「ファインダー」だ。
この中でGM5にだけファインダーと称する所謂EVFが装備されているのだ。これの有無や出来によってカメラの構え方・使い方が大きく異なってくるので非常に重要な項目である。
なお、本体背面の液晶画面も「GM」は「Q」の倍以上のドット数を持つ高精細なものを搭載している。タッチパネル式でもある。
…が、こういうものは実使用上で比べないと正しく評価できないものだから、カタログ値でもって一概にこっちが良いなどとは断言しないでおく。


■比較:レンズのラインナップ
「Q」シリーズ用の「Qマウントレンズ」は01から08までのたった8本だ。だがこれは、マウントアダプタに手を出さない限りは(笑)、この範囲でこじんまりと平穏な気持ちでいられるということでもある(^^
交換レンズの価格は4千円台から最高は「08 WIDE ZOOM」の約4万円まで。一般的なレンズは2万円までの価格帯で、レンズの買い増しもわりと気軽にできそうだ(^^

一方「GM」シリーズでは各社から出されている豊富なマイクロフォーサーズ用レンズが使える。どれくらいの数があるかと思って「価格com」で調べてみたら94あった。でもこれは色違いで重複しているかもしれないから、種類として半分だとしても50弱、三分の一だとしても30以上あることになる。
レンズの価格は、最安のボディキャップレンズで5千円前後。最高は20万円前後の望遠レンズまであるが、一般的なレンズは2万円位を中心にいろいろあるようで、こちらも買い増しがしやすそう。
…ということは、豊富なレンズ群を前に果てしない欲望の淵…これを世上「レンズ沼」というが(笑)…に足を踏み入れてしまうことになる可能性も大きいと言うこともできる(^^;

ところで、「Q」用にはマクロレンズは用意されていないし、換算250mmを越える望遠レンズもない(ただし純正マウントアダプタを介してペンタックスKマウントレンズを使うことでマクロ/望遠が実現可能。先述のようにここから"沼"に進む場合もあるので要注意だ!:笑)。
マイクロフォーサーズ用レンズ群にはマクロレンズも望遠レンズも揃っている。


■「その後」のカメラライフは
私のように、「Q」に「Q7」を買い足すような&V1の白と黒を買っちゃうような(笑)人間は別にして、世間一般普通に考えるとどっちのシリーズの方がカメラの道の「その先」につながるだろうかということを考えてみる。

「Q」は、その中で完結したシリーズだ。QからQ-S1へというような、後継機に乗り換えていくスタイルはあるだろうが、そのことが、写真の腕前が上がったので上級機に進んでいくという意味でのステップアップにはあまりならないように思える。
つまり、私が思うに、「Q」で写真が楽しくなったら・上達したら大きいデジタル一眼へと進んでいくんじゃないだろうか。つまり、乗換前提の入門機、という考え方である。
もちろんそのままずっと「Q」シリーズで楽しみ続けるっていうのだっていい。なにしろ魚眼レンズまで安く揃う楽しみの広く深いシリーズなのだから(^^

一方「GM」シリーズであれば、もし最初は小ささや色形が気に入って手にしたのであったにしても、楽しんで写真を撮りつつレンズも揃えて行き、腕前が上がった時にレンズ資産を無駄にすることなく同社/他社の高級機にステップアップすることが可能だ。
その意味では「GM」シリーズを買うほうが連続的で継続的な発展性が高いと言うことができるだろう。

■「Q」は乗換前提の入門機か?
自分でそう書いておいて反駁するのもアレだが(笑)、そうとだけ断言しっぱなしでは語弊があるので少し追記する。
閉じられた発展性のないシリーズのようにも書いたが、前述のように純正KマウントアダプターがあるのでPENTAXのデジイチ用のレンズも使えるわけで、Qマウントのレンズ8本でおしまいというわけではない。
そしてアダプタとKマウントレンズ購入からの流れで自然かつスムーズにPENTAXデジイチの世界に入っていけるので、乗換というより"乗継"(笑)みたいなものだ(^^
また一方、仮にQシリーズとQマウントレンズをきっぱり打ち捨てて他社のデジイチの世界に乗り換えていくにしても、「Q」シリーズのカメラ一式はうまくすればデジイチのちょっといいレンズ1本分くらいのコストで済ませられるので、その意味で乗換前提で手を出しやすい世界だとも言えるだろう。

■選ぶときのヒントとしてのまとめ
デザインその他見た目や、持った感じ、使い勝手、そして値段以外で迷ったときにはご参考に(^^

・日中シンクロがしたいなら→Qシリーズ
・ファインダー(EVF)が必須なら→GM5
・簡潔に完結したシステム希望→Qシリーズ
・レンズ資産を活かしてステップアップ希望→GMシリーズ
・シンプルなシステムで写真の練習をしたい→Qシリーズ

ちなみに価格は「Q」シリーズが2〜8万円、「GM」シリーズが4〜10万円くらい。



Λ◎◆ ペンタックス PENTAX Q-S1 ダブルズームキット [ピュアホワイト×クリーム]
ディーライズ楽天市場店
こちらの商品は取り寄せとなります。ご注文後のキャンセルを承る事が出来ませんので予めご了承ください。■


楽天市場 by Λ◎◆ ペンタックス PENTAX Q-S1 ダブルズームキット [ピュアホワイト×クリーム] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











[予約 11月28日以降]パナソニック ミラーレス一眼カメラ LUMIX DMC-GM5K-R レンズキット [レッド]【smtb-k】【ky】
ぎおん楽天市場店
※本商品は今現在、納期の目安が11月28日以降になります。 (あくまで目安ですので変わる可能性もござ


楽天市場 by [予約 11月28日以降]パナソニック ミラーレス一眼カメラ LUMIX DMC-GM5K-R レンズキット [レッド]【smtb-k】【ky】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カメラ関係記事〜"T-Akiyama-s BLOG-Privates"内リンク集(Ver.6)
カメラ関係記事〜"T-Akiyama-s BLOG-Privates"内リンク集(Ver.6.1) ---------------------------------------------------------- ============================= << 〜PENTAX Q物語〜 >> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新しいデジカメを買ったんだよ(^^)/〜PENTAX Q物語〜 開幕編  http://t-akiyam... ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2014/11/28 13:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
QとGMとで迷う人へ / 〜PENTAX Q物語〜その35 T-Akiyama-s BLOG-Privates/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる