T-Akiyama-s BLOG-Privates

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラ>大きめのカメラバッグ(リュックじゃなくてショルダー)買ったよ

<<   作成日時 : 2017/06/07 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 当家で一番容量の大きなのは、Amazonオリジナルのリュックタイプだ。
 これね。

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック
AmazonBasics
2010-07-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 価格は時期により変動するが、3-4千円で買える20Lクラスというのは、実に貴重。
 実際に使ってみて、使い勝手もそう悪くない。仕切りの数も充分だし強度もある。
 願わくば2気室…といいたいところだがこの値段だ(^^;
 ポケット部にけっこう入るし(厚みのあるものじゃなければ)、三脚代わりに無理して押し込んでベルトで留めれば500PETも入る。


 だが、もうちょっと何か持って行きたい時、リュックしょって+ショルダーというわけには行かない。
 肩から滑り落ちるからだ(笑)
 じゃあ、リュック+完全手持ちか? それはイヤだ(^^;
 となると、リュック+コロコロ(キャスター/トロリー付きのバッグ)しかない。それも大げさだ。

 ならば、ショルダー+ショルダーの方がまだどうにかなる。
 伝説の(笑)”ぶっちがい”掛けはさすがにしないが、どちらかを降ろす動作はしやすい。
 なので、同じかそれ以上のショルダータイプのカメラバッグを探した。

 が、高い。基準(3-4千円!)が悪いのだろうが(悪いに決まってる:笑)、そこからいきなり1-3万円台では手が出しにくい。
 そんな中で、容量はがくっと減るが、値段が手ごろなのを見つけて、買った。
 これだ。



 横に長く背が低く奥行きも狭い。…見た目、「横長で大きい」印象。
 内容は上掲リンク先で確認可能な画像の通りだが、長いレンズ付きボディを入れたレンズの左右の仕切り部に短いレンズなどが入れられることを付言したい。
 また、本体下部は仕切りによって浮かせられている。容易に手が入るようにはできていないが、そこに何かを入れておくことができる空間があることは確かだ。
 また、コメントに複数あった肩掛けベルト取り付け部は改善されており(写真は改善後)、心配の必要はなさそうに思える。

 クッションポーチなどを併用すれば、まだ余地のあるバッグ内の空間を有効利用することも可能だ。
 つまり、隙間に「Q」なんかも入るってことだ(^^

 こいつと、他に身の回り品(飲み物等)などを入れた小さなバッグを併用すれば、いろいろ遊べそうだ。
 リュックと違って外して足元に置いておくときに、ころん!となったりはしないのも、よさそうだし(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラ>大きめのカメラバッグ(リュックじゃなくてショルダー)買ったよ T-Akiyama-s BLOG-Privates/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる