T-Akiyama-s BLOG-Privates

アクセスカウンタ

zoom RSS PC>Android>Life Touch NOTEのおはなし(その12)

<<   作成日時 : 2017/01/10 15:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

承前:http://t-akiyama.at.webry.info/201201/article_4.html
(なんと2012年1月以来!(--;;)

■見捨てられた機体の哀れ
NEC Life Touch Note(LT-NA75W1A)は生みの親からも見捨てられたデバイスだ。
そのAndroidのバージョンは「2.2」のままで、バージョンアップはない。
おかげで例えばRadikoは入るが「らじるらじる」のアプリには拒否される。
なので、以前「こいつをラジオ代わりにしよう」と思いついたが果たせなかった。
他にもいくつも、入れられないアプリがありまともに動かないアプリがある。

■遅い・重い
気軽なネット閲覧用…と思ったが休眠から起動後にネット表示可能まで分単位で待たされる。繋がっても表示が重い、遅い。
物理的にも、重い。「頭でっかち」というヤツで、おそらく本来タブレットとして使えるように設計したものにキーボードを付けてクラムシェル型にしたのであろう、画面部分が重いから開いて置いておくとちょっとしたことでころんと後ろに倒れてしまうのだ。お前、おすわりできるようになったばっかりの赤ちゃんかよっ!と突っ込みたくなる。

■もう使い道はないな、と思ったが…
使えないのに目に触れていては気が塞ぐので仕舞い込んでしまおうかとすら思っていたのだが、ふと思いついたことがあった。
それは「動画再生機」として使う、ということである。
何ゆえ重くて遅くてYouTubeすらままならぬものが動画再生機になりうるか? 
それがなるのである。
というのも「動画変換>"VLC"でカンタン動画変換」(http://t-akiyama.at.webry.info/201507/article_1.html)なる文章を以前書いたことを思い出したからである(忘れてたのかよ…)

■設定:Video for Android SD High
詳細は上掲過去記事を参照してもらうとして、その後半の記述の…
・下の「変換/保存」ボタンの右側にある「▼」
・現れるプルダウンから「変換」を選ぶ
・開いている小窓が「変換」に切り替わる
・「入力元」=変換元の動画ファイル名を確認する
・一番下の「出力ファイル」の項の右の「参照」ボタン
・エクスプローラが開くので保存場所を決め出力ファイル名を入れる
…というところまでは、同じだ。そのあとが、違う。

・開いている「変換」小窓の中ほど下「プロファイル」欄右側のボタン
・現れるプルダウンの下の方にある「Video for Android SD High」を選ぶ

■サイズ半分、LTNでも再生O
変換時間はCPU性能に依存し、例えば速いPCだと実再生時間の半分以下、Celeron搭載のノートとかなんかだと再生時間と同じとかその1.5倍以上もかかったりする。
出来上がった動画ファイルはサイズは元の約半分程度。あんまり小さくはならない。でも圧縮するのが目的じゃないから私は別にこれで不満ナシ(^^
動画サイズは480x360ドット。以前(上掲記事の時)は800x450に変換していたので、それよりは小さい。実際LifeTouchNOTE(画面サイズ800x480)で再生してみるとわずかにざらついて見える感じもするが、まあ、気にならない…気にしないことにする(^^
このように変換すると2GBとか4GBとかの古くて小さめのSDカードにでもけっこういっぱい数が入るので、気楽に次々観ていくことができる。

■乗り越えるべき諸問題(笑)
が、らくらく&めでたしめでたしとバンザイできるってわけでもない。
いくつか問題はある。

私が気になった順で言うと、まず「アンマウント」。
SDカードを取り出すときには「設定」の「SDカードと端末容量」から「SDカードのマウント解除」をタップする必要がある。それをやらずに抜いたらスマホがコワれた状態になって(バッテリを外していたのに!)あらゆるアプリの動作がおかしくなりデータもみつからず再度挿入したSDカードすら認識してくれず、結局初期化するしかなかった、という話をネットで見た。これはコワい。絶対やんないと!なのである。
なお、SDカードを入れたら自動でマウントしてくれる。昔は…何だっけなCP/Mだったかな私が触ったことある言語では両方やんないとダメだったけどな。
まあこれは注意して忘れないようにする、ということしか対策はあるまい。

次は音だ。音が悪い。小さい。
前にも書いた覚えがあるがこのLifeTouchNoteには底面(キーボードの裏っかわ)に10円玉未満サイズの小さなスピーカーが一個あるだけなのだ。
大きな音もでないし、机なら少し響くが何か柔らかいもの(テーブルクロスとか)の上だと音がこもってなお小さくなる。
ここはまあ、ヘッドホン/イヤホンを使う手だ。
あるいは、私のように効率の良い外付け小型スピーカー(アンプ非内蔵)を持っていれば、音が前に出る分それでも少しはマシになる。

あとは、前に書いたようにひっくり返り易いこと。特に高い位置から見下ろすようにして画面を大きく倒すと、すぐにコロン!となる。
何か台とか支えが必要だ。でもそんなものはダンボールとか何かでどうにでもなる。


そんなふうにして、動画再生用として使い始めることにしたのであった(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PC>Android>Life Touch NOTEのおはなし(その12) T-Akiyama-s BLOG-Privates/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる