T-Akiyama-s BLOG-Privates

アクセスカウンタ

zoom RSS BABYMETAL>海外の評価〜11

<<   作成日時 : 2016/06/07 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

 今やもうあらゆるところで(笑)BABYMETAL関連の情報がすぐさま日本語に翻訳されて紹介されるようになった感がある(^^
 もはや私なんかの出番はない気がする(^^;
 であるが、久々の今回はアメリカ発のライフスタイル雑誌で"世界で最も影響力のあるファッション誌"と言われる"Vogue"(ヴォーグ)の電子版に掲載された次の記事について少し紹介してみたい。

Babymetal Might Be Japan’s Most Wonderfully Weird Fashion Export
JUNE 3, 2016 11:33 AM / by MONICA KIM
http://www.vogue.com/13442552/babymetal-japanese-band-fashion-style-harajuku/


■参照・参考
この記事の存在はこのブログ(http://heavens-fox.blog.jp/?p=2)のこの記事(http://heavens-fox.blog.jp/archives/60963627.html)で知った。同記事内でリンクされているここ(http://hamankarn.blogspot.jp/2016/06/vogue-babymetal.html)に日本語訳があるので原文の全文は上掲の元記事で、記事全文の日本語訳は上掲末尾の翻訳ブログを参照されたい。
(上掲ブログはいつも素早く&細かくBABYMETALのネタを拾って紹介してくれていることに感心する。翻訳ブログも仕事がそつなく早い(^^)

■日本女子ファッションを海外視点で
私はここで、上掲の素晴らしい翻訳をなぞったり批判したり粗捜しをしようというわけではない。では何を?といえば、海外から見ての…正確には、2016/5/4の米国ニューヨーク・タイムズスクエアでのBABYMETALライブのあとでのことだと思われるので、「アメリカから見ての」BABYMETALを通した日本の/日本の女子のファッションについて認識を確認したり興味深い点をみつけたりしたいと思うのだ。
私は人生において職業的には全く関わりを持ったことはないのだが、別の意味で(笑)女性の服飾には少々の興味を抱き続けてきた。そのつたない知識や感性でどこまでこの記事を面白がれるかわからないが、ちょっとやってみることにしよう(^^

■パフォーマンスは"idiosyncratic"
記事ではまず"キック・アス"のヒットガールや宮崎アニメ(このときはまだ「ジブリ」はない)の「風の谷のナウシカ」をBABYMETALの発想の元だろうとしている。
記事は、BABYMETALの"カワイイ・メタル"サウンドはすごい大騒ぎになっているが自分はBABYMETALの"方程式"の残り半分について聞きに来たのだ、と続く。
「Much fuss has already been made over Babymetal(略)and their “kawaii-metal” sound. But I’ve arrived at a studio downtown to talk to band members(略)about the other half of the equation: their idiosyncratic performance style. 」
その残り半分というのが「idiosyncratic performance style」なのだと言う。
ここで、「idiosyncratic」という見慣れない単語が気になる。辞書を引けばイディオシンクラティックとは形容詞で「(一個人に)特有な/奇異な,風変わりな」であり医学用語として「特異体質の」の意味とあり、用例を見てもあまり"良い"意味では使われない語のようである。
だが、それくらい彼女らは奇妙珍妙奇異風変わり…に見える、という驚きと非日常性をこめての表現なのかもしれない。

■近くでじろじろ見る(peering closely)
そして衣装が入念な手作業(the elaborate handiwork)と知り、"チーム・ベビメタ"が何を基本に置いているのかを知ろうとする。
彼女らの衣装はおよそこれまで海外各記事では単に「チュチュ」と称されてきた。むくつけき野郎ども(笑)が書くもんだからそうなるのだろう(^^;
だがこの記事では違う。
彼女らのスカートをこう見て取る:「a chrome-colored knit woven into each black tulle skirt is a playful nod to Metallica that catches the stage light」:クロームカラーのニット編みを黒いチュールレースに重ねたスカートはステージライトに映えるだろう。これはメタリカに対する遊び心に満ちたオマージュとも見える、と。
彼女らのトップスについてはこう:「a silver snakeskin-stamped breastplate recalls the medieval chain mail of Joan of Arc and pairs well with a gothic floor-grazing cloak」:銀のヘビ皮型押しの胸当ては中世のチェインメイル(西洋鎖帷子)を思い起こさせ、ジャンヌダルクみたい。きっと床をかすめるほどの長さの袖なしマントと組み合わせたら似合いそう…とコーデまで思い浮かべてるのがさすがファッション誌(^^

■キツネはデーモン?
記事は彼女らの衣装についてこう書く:「Above all, the costumes are infused with Japanese culture-a cropped silk kimono with a white wood kitsune mask honors the folkloric fox demon.」と。
ここで気になるコトバの第一は「infused」だ。「infuse」を辞書で引くと、〈思想などを〉〔人・心に〕吹き込む,しみ込ませる 〔into〕/〈人・心を〉〔希望で〕満たす 〔with〕/〈茶に〉湯を注ぐ,〈茶を〉煎(せん)じる/薬草などを〉水[湯]に浸す,振り出す、とある。「infused with」だから二番めの、人や心を希望で満たす、という使われ方になるわけで、好意的な言葉選びなのではないかと思われる。
もうひとつ気になるコトバといえば「fox demon」だ。
過去のロック誌などの海外記事では、同じく「おやくそく」(^^)の「紙芝居」を「スターウォーズ調の/アニメ調の神話(myth)」と紹介するのに並んで「キツネ様」も「the Fox God」とそのまま意訳してくれていた。ところがこのVogueでは違う。
元もとの発祥はどうもイギリスらしいが(詳しくは調べていない)アメリカで最上位クラスの高級ファッション誌であるVogueは、こうしたところでおカタいのかもしれない。主な読者たる上流階級の宗教的倫理性をヘンに刺激しないように(笑)、fox "god"のような語を使わなかったのだろう。だが、かといって記事の対象であるベビメタを貶める意図はなく、それゆえ神に敵対する悪魔(devil)ではなくヒトではないが神ならざる存在という意味の「demon」(これは必ずしも"悪"というニュアンスでもないようだ)という語を使いまた「honor」という言葉遣いもして敬意を表すことも忘れない。
保守的でお上品だということだろうね、これ(^^

■ゴスロリ=日本発祥との認識
続く文章では:「Then there are traces of Gothic Lolita-Tokyo’s iconic street style subculture-spliced into the fuwa fuwa tulle skirts, the Victorian ruffled collars.」とあり、記事の最後の段落では:「Which brings us to Harajuku, the birthplace of Gothic Lolita, (以下略)」とある。
二度も念を押すようにあるいは言及されて当然の重要な視点であるといわんばかりに、ゴシックロリータファッション、所謂ゴスロリはアイコニックな東京のストリート・スタイルであると言い、原宿・竹下通りがゴスロリ発祥の地である、と書いている。
なんかこれ、ちょっとうれしい(^^
ナボコフは読まぬが嶽本野ばらは読んだことあるから(笑)わかっていたんだが、Vogueに書かれるとまるでお墨付きをいただいた気分になる。…いや、どこぞから起源を主張される事態を心配していたわけはないけども(--;

■fuwa fuwa
前項と同じ引用文だが:「Then there are traces of Gothic Lolita-Tokyo’s iconic street style subculture-spliced into the fuwa fuwa tulle skirts, the Victorian ruffled collars.」には「フワフワ」がそのままローマ字書きして使われている。
日本語の単語が海外でもそのまま使われることがあるとは知っているが、この語までとは知らなかった。いや、アメリカの一般大衆みんなが使っているというようなことではないのだろう。Vogueを読むようなファッションに興味と知識を持つ人々には通じると思って使った、という程度だろう。あるいは逆に「fuwa fuwa」というのはああいうことを言うんだとわからせよう・広めようと思ったものかもしれない(^^
いずれにせよ、「kawaii」に続いてきっと「fuwa fuwa」もこれから世界の共通認識になっていく…かもしれないことを楽しみに思う(^^

で、べびめた衣装に採用されたゴスロリ要素として二つ挙げているのが…
・spliced into the fuwa fuwa tulle skirts
・the Victorian ruffled collars
なのだが、「継ぎ合わせる」という意味の「splice」には辞書では「splice into」という用例はない。togherか toか ontoしかない。ここは、衣装の写真を見て思う通り、そして本稿第四項で訳したように、重ね合わせている、という理解でいいんじゃないだろうか。
もうひとつの「the Victorian ruffled collars」を検索したらこんなんだった(笑) …日本史の教科書の天草四郎?(--; 
 https://en.wikipedia.org/wiki/Ruff_(clothing)
ええとあの、こんなの彼女らお召しでしたっけね??(^^; 

■whoa と down the road
どっちも初めて見る表現なので興味深かった。
「 I ask if Metallica might be their next muse-blended together with Lolita clothes-and a collective whoa grips them. “It’s our fantasy to dress like them!” Mizuno says. “In the future, one day down the road,” Nakamoto adds. We can’t wait.」
文意がとりにくいが頭の部分は、「次の衣装のアイデアにメタリカがインスピレーションになるってことはありそう?」と訊いたというぐらいの意味ではないか。
「a collective whoa grips them」は尚更難しい。直訳すると、集団的「どぅどぅ」(馬などをなだめる掛け声)が彼女らをつかんだ、である(笑)
ここはまあ、(そんなことを訊いたとたん)三人とも一瞬固まっちゃった、という感じのことじゃないかと私は想像して意訳しておこう(^^

「one day down the road」もわかりにくい。直訳すれば「ある日、道におりる」(笑)
辞書で調べると「down the road」は「いつか将来」という慣用句であるという。
どういう由来かはわからないが、目の前のその道をちょっと下った先にもいつでも自由に行けなかった時代・状況というものが想像されて、ちょっとしんみりしてしまう…

=================================================
BABYMETAL>海外の評価〜1
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_4.html
BABYMETAL>海外の評価〜2
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_5.html
BABYMETAL>海外の評価〜3
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_6.html
BABYMETAL>海外の評価〜4
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_7.html
BABYMETAL>海外の評価〜番外編
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_9.html
BABYMETAL>海外の評価〜5
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_12.html
BABYMETAL>海外の評価〜6
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_14.html
BABYMETAL>海外の評価〜番外・国内回顧編
http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_15.html
BABYMETAL>海外の評価〜7
http://t-akiyama.at.webry.info/201502/article_3.html
BABYMETAL>海外の評価〜7について
http://t-akiyama.at.webry.info/201502/article_4.html
BABYMETAL>海外の評価〜8
http://t-akiyama.at.webry.info/201506/article_1.html
BABYMETAL>海外の評価〜9
http://t-akiyama.at.webry.info/201506/article_3.html
BABYMETAL>海外の評価〜10
http://t-akiyama.at.webry.info/201506/article_5.html
BABYMETAL>海外の評価〜11
http://t-akiyama.at.webry.info/201606/article_4.html
-------------------------------------
BABYMETAL>CD ”METAL RESISTANCE”を聴いて〜1
http://t-akiyama.at.webry.info/201604/article_1.html
BABYMETAL>CD ”METAL RESISTANCE”を聴いて〜2
http://t-akiyama.at.webry.info/201604/article_4.html
BABYMETAL>CD ”METAL RESISTANCE”を聴いて〜3
http://t-akiyama.at.webry.info/201604/article_10.html
BABYMETAL>CD ”METAL RESISTANCE”を聴いて〜4
http://t-akiyama.at.webry.info/201604/article_11.html
BABYMETAL>CD ”METAL RESISTANCE”を聴いて〜5
http://t-akiyama.at.webry.info/201605/article_1.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
BABYMETAL>海外の評価〜11
 今やもうあらゆるところで(笑)BABYMETAL関連の情報がすぐさま日本語に翻訳されて紹介されるようになった感がある(^^  もはや私なんかの出番はない気がする(^^;  であるが、久々の今回はアメリカ発のライフスタイル雑誌で"世界で最も影響力のあるファッション誌"と言われる"Vogue"(ヴォーグ)の電子版に掲載された次の記事について少し紹介してみたい。 ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2016/06/07 12:11
BABYMETAL>海外の評価〜9
前回に続き、2015/6/13、英「DOWNLOAD FESTIVAL 2015」での、DragonforceのステージへのBABYMETALのサプライズ出演に関する記事を「METAL HAMMER」誌電子版から紹介。 ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:13
BABYMETAL>海外の評価〜8
2015年6月13日金曜日、現地時間(GMT)19時43分、 英Donington Parkで開催中の「DOWNLOAD FESTIVAL 2015」におけるドラゴンフォースのライブステージに突如、われらがBABYMETALが登場!彼らのバッキングでギミチョコを演ったぞというまさにサプライズなニュースがあった。 *「DOWNLOAD FESTIVAL 2015」:http://downloadfestival.co.uk/ ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:14
「BABYMETAL>海外の評価〜7」について
「BABYMETAL>海外の評価〜7」について  今頃気付いたけど、記事タイトルが「BABYMETAL:Sprited Away」ってなってるのはジブリ映画「千と千尋の神隠し」の英語タイトルが「Sprited Away」だったってのにかけてるシャレなんじゃないかな?  翻訳記事ではただ単に「神隠し」と訳されていて字義的にはそれで間違いないだろうけど、別にBABYMETALは神隠しにあったりしてないしー(^^;)  埼玉スーパーアリーナのライブのレポートだしインタビューもしてるんだから... ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:15
BABYMETAL>海外の評価〜7
これまたお馴染み(笑)"Metal HAMMER"誌電子版から2/6付のBABYMETAL新春きつね祭りの記事を紹介しよう! …と思ったら、もうとっくに翻訳が出てた(^^; *元記事(MH電子版。読むには要無料会員登録): http://metalhammer.teamrock.com/features/2015-02-04/babymetal-spirited-away *紙版のスキャンしたの(?)を紹介した記事: http://www.babymetalnewswire.com... ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:15
BABYMETAL>海外の評価〜番外・国内回顧編
■PV急増でびっくり〜2chで紹介されてた 少し前、このブログのPVがいきなりものすごく増えて驚いた。 ログを見たら、どうやら2ちゃんねるのBABYMETALスレのひとつで(ものすごくいっぱいBABYMETAL関係のスレが立ってるみたいだ)私のこのブログの「BABYMETAL>海外の評価」のリンクが貼られたみたいね。 多いページでは一気に900PVとか増えた。そしてすぐに…翌日午後からはほとんど誰も来なくなった(笑) ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:17
BABYMETAL>海外の評価〜6
少し古いが、おなじみ(笑)CMQ氏のブログから。 Colin McQuistan Become a fan Sick of pretentious food and bad music? Me too. My Top 5 Songs of 2014 Posted: 22/12/2014 14:40 GMT Updated: 22/12/2014 14:59 GMT http://www.huffingtonpost.co.uk/colin-mcquistan/songs-of-2... ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:18
BABYMETAL>海外の評価〜番外編
今回はちょっと雑談ね(^^ ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:20
BABYMETAL>海外の評価〜4
前稿:BABYMETAL>海外の評価〜2( http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_5.html ) 前稿:BABYMETAL>海外の評価〜3( http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_5.html )からの続き。 ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:21
BABYMETAL>海外の評価〜3
前稿:BABYMETAL>海外の評価〜2(http://t-akiyama.at.webry.info/201501/article_5.html)からの続き。 ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:22
BABYMETAL>海外の評価〜2
BABYMETALの新曲Tralerが(中略:笑)もう53万回も再生されちゃってる今夜、みなさんごきげんよう(^^ ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:26
BABYMETAL>海外の評価〜1
BABYMETALの新曲TralerがYoutubeで公開後たった二日にもかかわらずもう50万回以上も再生されいる今日この頃、ファン(父兄)のみなさんいかがお過ごしであろうや?(^^ ...続きを見る
T-Akiyama-s BLOG-Pri...
2017/06/20 10:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BABYMETAL>海外の評価〜11 T-Akiyama-s BLOG-Privates/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる